販売商品の
ご注文について

お電話やFAX、メールにて承りましたご注文は代金振込確認後、送らせていただきます。代引ご希望の方は、代引手数料がお客様のご負担となりますのでご了承くださいませ。尚、食品の場合1万円以上お買い求めの際は送料を無料といたします。


表示価格は税抜き価格です。


通常、月曜日は定休日ですが、祝日の場合は営業致しますので翌日の火曜日をお休みさせていただきます。
RSS表示パーツ
帆足本家とは…

 帆足家は、12世紀初め玖珠郡に興る。家系図によると豊後守護職大友氏と主従関係を結び1586年(天正14年)戸次市村に居を定め、江戸時代に入ってからは臼杵藩稲葉氏領の庄屋となった。
 大分の南の出入り口として、交通の要衝となり街道筋の町屋は鶴崎をしのぐ商業の集落として栄えた。このような戸次市にあって、帆足家は農業のかたわら造酒を業として産をなした家である。現在の母屋「富春館」は一八六三年(慶応元年)臼杵の名棟梁
高橋団内の作になるもの、式台付玄関など武家の家構えの特徴をもつ、館号「富春」は帆足家醸の銘酒を意味し頼山陽によってこの名を伝えた。
 豊後竹田の出身で文人画家、田能村竹田が初めて帆足家を尋ねたのが1816年(文化13年)と言われ、その後幾度となく訪れ詩画を書き時には、帆足家の為に絵を書いた。一方当家九代統禮の四男として生まれた熊太郎(杏雨)は竹田に入門し、その画風に強い刺激を受け南画の道を進み画人として成長した。
帆足家は竹田の良き理解者となり、富春館は多くの文人画を楽しむ自由人たちのサロンとなった。

頼山陽と「富春館」

 文政12(1829)年の夏、京都留学中の杏雨の依頼で、関西の大文人・頼山陽が揮毫した、帆足家の雅号「富春館」墨書。山陽は南画への志に燃える若き杏雨のために、新品の硯を用いて本作を書した。この他にも帆足家には、日本の南画家に大きな影響を与えた長崎の来舶清人・江稼圃による「富春館」墨書(天保5年頃)、幕末を代表する大坂の儒者・篠崎小竹による「富春館記」墨書(嘉永3年)など、関西や長崎など当時の文化の先進地と帆足家との繋がりを示す作品が伝来している。

文人画とは…

 中国の絵画様式を取り入れながら自然発生的に生まれた日本独自の呼称。江戸時代後半(18世紀)に入り展開を始め十九世紀(文化・文政・天保期)を中心に田能村竹田、頼山陽など優れた画人が出現した。
 細く変化に富んだ墨絵を積み重ねて描く穏やかな画法は幕末から明治期の美術界に大きな影響を与えた。

コンセプト

 文人墨客に愛された自由さをそのままに。
現代のサロン「富春館」
 大分市戸次はかつて日向道に沿う街道を行き交う人でにぎわった。その地において帆足家は農業の傍ら、酒造業を営み、幕末から明治にかけて築造された酒蔵は、昭和47年まで続いた。館号「富春」は当家醸造の銘酒の名でもある。そして帆足家は、もうひとつの顔として、南画家・田能村竹田、儒学者・頼山陽ら多くの文人墨客を迎え入れた家でもある。
 当時、文化人たちの自由なサロンとして門戸を開いたように、往時のしつらえを遺しつつ、カフェ、レストラン、ギャラリーと、いま再び門戸を開いた「富春館」。庭に遊ぶ鳥のように自由に末永く人と人が行き来する現代のサロンでありたいと願っています。


ごあいさつ

 2000年、庭の梅が満開の頃、富春館の門を開きました。そして、かつての文人墨客が遊んだ足跡が残るこの地をもう一度現代(いま)に甦らせたいとの思いから、衣食住に関わる様々な企画を催してまいりました。その間多くの皆様との出会い、ご縁を賜り、富春館にお越し下さいましたお客様、そしてつたない私どもを支えて下さった方々に心より感謝申し上げます。

 富春館は今後も、本来あるべき姿の「私たちの生活文化」を見直し、私達の生活の根幹を支えている「生命」や「有機」「発酵・熟成」「手仕事」「エコロジー」「食の安心安全」を基軸とした品々を皆様にお届けしたいと存知ます。現代の文人達=「自然素材(木・竹・草・土・絹・麻・もめん・石)を使ったものづくりをするニッポン各地の優れたアーテイスト達」による手仕事や「古き佳き時代の文化」をさらに精力的に紹介していく所存です。

                (帆足本家 富春館 総支配人) 帆足 めぐみ

営/10:00〜17:00(カフェは11:00〜17:00レストランは11:30〜15:00となります。 レストランの夜間営業につきましてはお問い合わせください。)


大分県大分市中戸次4381番地  〒879-7761  Tel.097-597-0002(代表) Fax.097-597-0029
Copyright(C) 2012 fushunkan Ltd. All Rights Reserved.