Placeholder image

TEL.097-597-0002

営業時間/11:00〜17:00
定休日/月曜日(祝祭日の場合は翌日)

催し物のご案内

Placeholder image

2018・11月23日(祝・金)or 11月24日(土)

Ren スペシャルイベント Vol.2 「現代の風雅に遊ぶ」 at ほあし帆足本家“”

今回で2回目となりますRenスペシャルイベントは「現代の風雅に遊ぶ」と題して、matohuのデザイナー堀畑と関口が、23日には煎茶美風流 四世家元の中谷氏と、24日には、大分県立美術館(OPAM)館長の新見氏(11月24日)と対談。大分県にて皆さまを特別な時間にお招きいたします。 他にも、Café 桃花流水でのディナーや、酒造蔵の見学、富春館の散策の時間もございます。

Placeholder image

2018・11月23日(金・祝)~12月9日(日)

matohu秋冬コレクション展

「日本の美意識が通底する新しい服」を創造するmatohu(まとう)の秋冬コレクション「なごり」の展示販売と、ブランドを象徴する「長着」をお好きな布でお作りする「長着オーダー」を行います。 素材から縫製まで日本製で貫かれた服は、東京コレクションでも高く評価されています。大分では初めての展開です。

Placeholder image

2018・11月10日(土)~11月18日(日)

「真砂三千代 衣」展

今年のAfaは個性ゆたかな布たちでシルクのブラウス、ウールのパンツ、ジャケット、コートそしてカシミヤのニットなどを揃えました。布の風合いや優しい感触、Lifeafaとの軽やかなコーディネイトで秋冬の装いをお楽しみ頂けたらと思います。

Placeholder image

2018・11月3日(土・祝)~11月11日(日)

大場敬介・寿子 ペーパー・スクリーン版画展

和紙に、自然なグラデーション。色が重なり生まれる鮮やかな色彩。クリスマス・お正月など季節、節句をテーマにした作品も取り揃えました。大場敬介氏・奥様の寿子さんの富春館での初の個展です。

Placeholder image

2018・10/26(金)~10/31(水)

「居場所になる椅子」  新木工房 新木 聡(Satoru Shinki)

自分だけの居場所になる椅子。ワイドワークチェアは、その名のとおり、現代生活のさまざまな「座る」場面を想定してデザインされました。 大量生産ではないからこそできる、丈夫で壊れず座り心地の良い椅子自分だけの椅子をみつけませんか?

Placeholder image

2018・10月17日(水)~10月21日(日)

住空間への思い・ ORIENTALな暮らし アールクラウド チベット絨毯展

8世紀頃に花開くチベット伝統の手法で織り上げた絨毯。 チベットの羊毛で織られた絨毯はしなやかで使うことで光沢が生まれ味わい深くなります。 チベット絨毯のデザインの中には、健康で豊かな暮らしを願う作り手の思いがあります。 今日に感謝し、明日への希望と活力を生産する、日本人になじみ深い吉祥文様 住空間への思いが、皆様の生活に更なる豊かさをもたらせればと願います。

Placeholder image

2018・10月11日(木)~10月14日(日)

「アーツ&アンティークス ミアルカ アンティークジュエリー展

そこに光輝くもの・手に入れられる小さな美。 古代より人はお守りとして宝石を身につけました。 金や銀、地球の作った宝石は、何百年経っても、その魅力が変わることはありません。いえ、時が与える魔法でしょうか?アンティークジュエリーは明らかに何かが違う。魅力は増すばかりで、飽きることのない美しさ、癒しのパワー…味わっていただけると思います。

Placeholder image

2018年9月21日(金)~10月8日(月・祝)

Sind 原口良子 秋の衣展

今年の秋冬はインドの伝統布のドゥピオン・シルクやタフタに新しい感覚の水玉プリントやブラウン、グリーンを染めました。 素材感が違う布を組み合わせたパッチワークの衣。また、ウールの絞り染めの新しい大判ストール等を組み合わせた楽しい装いがおすすめです。 ご来場をお待ちしています。

Placeholder image

9月16日(日)・17日(月・祝)

大分美人計画 綺麗になるレシピ

仲秋の名月に、ヒラノマリナの月のリズムメイクレッスンと、寿司割烹「光正」原辰徳氏による「薬膳寿司料理を頂く会」を開催します。

Placeholder image

2018 8月24日(金)~9月13日(木)

「古美術 めぐみ」 展

帆足本家に伝わる古道具・帆足めぐみの好みで集めた、お気に入りの骨董品 時代着物、古裂など、販売いたします。 時を刻んだ いにしえのものたち、手に取ってご覧ください。

Placeholder image

2018 7月13日(金)~8月19日(日)

ウスタニ・ミホ展

布を床に広げ一気に描く。書き上げた時の偶然性がおもしろい 空間 墨のカスレ 濃淡 重なり…
五感をとぎすます 眼に映る全ての自然、そこにないものや想いまで表現してしまう。 墨は不思議。  墨で描かれた布を纏うと、柄も人も、それぞれピタリと来るものが違う。

Placeholder image

2018 7月27日(金)~8月19日(日)

ジュエリーデザイナー 村澤麻由美、 刺繍 臼谷瞳、糸と布のアクセサリー Itofun 江本麻紀 3人展

手打ちの金属の表情、重ねにより、大人の女性に向けて、軽やかでエレガントなスタイルを目指す。
風合いある手織りorアンティークリネンに、シルク糸で刺繍やフリーステッチ。 ふつふつと湧いてくるイメージを、素材感ある布にたくす。
オリジナル技法のミシンワークと編み 布地部分は着物地を使用。有機的な立体のフォルムが特徴。

Placeholder image

2018 7月20日(金)~8月19日(日)

三橋妙子 夏服展

夏の暑い季節を迎えようとしています、 風が通り抜けるような爽やかなリネン素材から今年、おすすめのサラッとシャキッとしたコットン素材でのスカート、ブラウス、パンツなど定番の物から新しい物も豊富に並びます、どうぞ手に取ってご覧下さい。

Placeholder image

2018 6/22日(金)~7/8日(日)

赤木智子の生活道具店 2018

夫で塗師の赤木明人さん営む漆工房のおかみさんで、朝から晩までみんなのお世話をする智子さん。 「赤木智子の生活道具店」の本 を読み始めたら夢中になり、 元気いっぱいの智子さんがそばにいるような錯覚に!そして、なんだかとってもココロが、気持ちよくなりました。

Placeholder image

2018 6/1日(金)~17日(日)

2018年 夏 Afa / Life afa 展

柔らかい草色から濃い緑へ、色鮮やかに写る風景は夏への巡り。アファの夏衣がそろいました。 ジャムダニ織りの薄い手織綿のブラウス、大きな格子柄の麻のワンピース、ピンタックの布で作るパンツなど、オーガニック・コットンのライフアファをコーディネイトして軽やかな装いをお楽しみ下さい

Placeholder image

2018 5/16日(水)~21日(月)

風水土のしつらい展 再び素材から始めよう!

シンボル 遠見和之 写真 荒川晋作 企画 ゆうど 今井俊博・芽
「風水土」とは「自然」のこと。森羅一如 モンスーンアジアの自然素材から作られたものを、私たちの暮らしに、作り手と語らいながら、手仕事に触れられる、交歓の場です。

PAGE TOP